SNSとビジネス

SNSとビジネスでの集客方法

SNSをビジネスのツールと考えている人は少なくありませんが、
基本はビジネス用途ではありません。

 

そのため商品の宣伝や
自社サイトの紹介などを掲載することはできません。

 

それではどうやってSNSを使って集客をするのでしょうか。
それはSNSで作った友達に情報を提供することです。

 

 

商品を売りつけるのではなく、
その良さを自分で判断してもらうためにサイトを紹介するだけです。

 

これは重要なポイントです。

 

 

 

商品を購入する人は人から紹介されるだけでは先に進みませんが、
自分で選んだのであれば試してみたいと考えるようになります。

 

SNSをビジネスに活用するためのテクニックを教示しているサイトはたくさんありますが、
そのほとんどは同じような内容です。

 

それでも実践してみると一時的な効果を上げることができるでしょう。

 

問題はそれを継続できるかどうかと言うことです。

 

ビジネスですから、一時的な売り上げアップでは意味がありません。

 

 

ただ、販売している商品に自信があるなら、
リピート率は高くなるでしょう。

 

自分のビジネスがどのようなストーリーで顧客を獲得するかをイメージしてください。
その中でSNSがどのような役割を果たすかを明確にすることです。

 

インターネットが当たり前の時代にあって、
SNSを利用せずにビジネスをすることはできないと考えてください。

 

 

積極的に活用するための方法は画一的なことではなく、
自分独自の方法を検討してください。

 

 

情報を広げていくことによって集客効果を高めることができます。

企業の集客とSNS

企業が商品を販売したりサービスを提供したりする時には、
その対象となるユーザーを想定しているはずです。

 

ただ、インターネット上でどのようにして情報を提供するかが重要となります。

 

 

現代人はSNSを積極的に活用していると言われていますが、
ビジネス用途で宣伝をすることは多くの人の反感を買いますから、避けなければなりません
そのためSNSの使い方を検討しなければならないでしょう。

 

 

具体的にはSNSからブログや特定のサイトへ誘導する方法です。

 

もちろん、単純にリンクを張るのではなく、
興味がある人が読みたくなる文章を書き込みましょう。

 

集客の目的は商品の販売ですから、
興味のない人にアクセスしてもらう必要はありません。

 

アクセス数を増やしたいわけではないからです。

 

 

この手順は小さなショップでも、
大企業でも基本的な部分では同じです。

 

 

商品を実際に手に取るユーザーは個人だからです。

 

SNSを利用したからと言って、一人一人のユーザーが見えるわけではなく、
それぞれの個人が自分の判断でアクセスします。

 

 

 

つまり、SNSを利用した集客とはこれまでのビジネスシーンとは違います。

 

 

ユーザーが積極的にアクセスすることによって、
結果的にお客が集まってくることになります。

 

もちろん、商品の魅力を高めることは必要ですが、
それだけではなく商品情報へたどり着くための道を作ることと言えるでしょう。

 

その道がなければ、ユーザーは情報を得ることができません。

 

 

ホームページを作成しても、
たどり着けなければ効果はほとんどないでしょう。

 

 

企業が活用するSNS

SNSを使った集客は、多くの方が行っています。
個人だけでなく企業もSNSを利用して集客を行ったりしていますね。

 

以前のようにCMを流したり広告をまいたりといった集客ではなかなか成果を上げることができなくなってきています。そこで多くの方が利用しているSNSが集客に利用されてきています。

 

実際にSNSを多くの企業が集客の方法として利用しています。
また、それによって成功している例も多くなっていますから
集客にSNSを利用することを考えている方はそういった例も参考にしてみるとよいでしょう。
SNSの中でも企業が利用することが多いものがフェイスブックです。

 

フェイスブックは日本の場合には
ユーザー数が減少傾向にありますからあまり集客には向かないのではないかと
考えることもありますが、
逆にフェイスブックだからこそ集客にピッタリだということもあります。

 

企業がフェイスブックを集客方法に使っているのは、
まずはフェイスブックが原則実名で1人1アカウントでの登録となっていることから
信頼性が高いということがあります。
やはり信頼できるものであるということは集客するうえで重要なポイントになってきますね。

 

またSNSの場合、一度話題になるとあっという間に拡散していくこともあります。
フェイスブックの場合には、こういった拡散は難しくなっていますが
この点も企業がフェイスブックを利用するポイントの一つとなっています。

 

というのは、他のSNSと比べて拡散しにくいということは炎上もしにくいということになります。
企業にとって炎上してしまうと大きな痛手になる可能性が高いですから
それを回避するためにもフェイスブックはちょうどよい集客の方法になっています。

 

とはいってもユーザーが減少傾向にあるのはどうなのかと思いますが、
減少傾向にあるのはあくまでも日本での話しになります。
一歩海外に目を向けてみると圧倒的に悪手ぶユーザーの多いSNSになっています。

 

つまり海外に向けての集客を行うのにピッタリのSNSということですね。
例えば海外に卸を行っているような場合やインバウンド向けの配信を行うような場合には
ぜひ検討したいSNSです。

 

企業だけでなく例えば岐阜県にある高山市ではかなり早い段階から
フェイスブックを利用して高山市の紹介を行っています。

 

これは国内向けではなく海外からの観光客に向けたものになっています。
海外からの観光客に向けて観光地であったりグルメや文化、
物産品などの紹介を行うことで集客しています。

 

企業などもこのようにSNSを上手に利用していますから
SNSでの集客を行うのであれば参考にしてみるのもよいでしょう。

このページの先頭へ戻る