灰皿とタバコ

禁煙を開始した際、強制的に煙草を我慢することになるので、ストレスが溜まり、逆効果であると考えられがちです。
禁煙ガムの画像 しかし、実は煙草自体が、ストレスの原因を生み出しているとされています。
煙草を吸うと、ストレスが解消されるように感じられますが、あくまでニコチン不足が解消されているだけで、根本的な解決には至りません。
一方、禁煙中は禁断症状により、一時的にストレスを強く受けるものの、禁煙が成功した場合には、煙草自体からのストレスから解放されるようになるので、ストレスが無くなり、精神衛生が良好になることが判明しています。
禁煙時のストレスを緩和し、無事達成させるためには、禁断症状を緩和させる効果がある禁煙補助薬を用いたり、ストレスマネジメントを習得することが重要です。
禁煙補助薬ではいくつか種類がありますが、ザイバンは海外で人気の禁煙補助薬で高い効果があるとされ、「タバコを本気で辞めたいならザイバン!」という声もあります。
禁煙にチャレンジする際に、有効的なストレスマネジメントは、気分転換の仕方を考えたり、ストレスの捉え方を考えるということが挙げられます。
しかも、この二点については、禁煙のみならず、人生を歩む上でも用いることができる考え方なので、覚えておいて損は無いでしょう。
まず、気分転換について考えてください。
最も人間に効果的なのが、スポーツを楽しむことです。
スポーツで汗を流すと、抗うつ剤を服用した事と、同様の効果が得られると言われているほどです。
体重や体脂肪率のコントロールにも繋がるので、できるだけ体を動かす事を心がけてください。
そして、趣味を持つことも大切です。
タバコを吸うこと以外に、楽しみがあると、ストレスを感じた時に、逃げ道を確保することができます。
現在、趣味が無いのであれば、禁煙を機に探してみるのも良いでしょう。
無事、達成した後も趣味を続けることで、人生が豊かになります。