最大級にファスティングダイエットを成功させるための9つの秘訣

 

ファスティングダイエットといっても、成功させるためには、このような秘訣があります。

 

最大級に効果を実感し、せっかくのファスティング期間をムダにしないためにも、最初にこの秘訣を取り入れて、結果を出しましょう。

 

ぜひ見逃さないでくださいね!

 

ファスティングダイエット成功の秘訣その1

 

・準備期間をしっかりやると好転反応が抑えられる

 

まず、いきなりファスティングを決意して開始したりすることは、効果を感じたい場合には少し注意が必要です。

 

なぜなら、ファスティングダイエットの断食期間がつらくてやめてしまう人の多くは、準備期間に入念な準備をしていないからです。

 

好転反応は身体が急激な変化をするほど起きやすいとされているので、準備期間を使ってゆっくりと身体を断食状態に持っていければ好転反応は出にくく、軽い症状で抑えることができます。

 

一方で、準備期間に高タンパク質・高脂質や塩分の多い料理をギリギリまで摂っていると、好転反応が出やすくファスティングの効果が出にくくなってしまいます。

 

普段から砂糖や炭水化物を摂りすぎている人は、断食期間の日数よりも長く準備期間をとっても構いません。それくらいゆっくり断食期間に移していかないと、身体への負担が大きいからです。

 

ファスティングダイエット成功の秘訣その2

 

・復食期間をしっかりやればリバウンドしにくい

 

ファスティングダイエットの後に復食期間を疎かにしてしまうと、リバウンドがくることがあるので、これも注意が必要です。

 

断食期間が終わり安心してガツガツ食べてしまうと、びっくりするほどリバウンドします。

 

なぜなら、断食期間を乗り越えた身体はそれでなくても食べ物を欲している状態です。そこに健康的な栄養を入れることで真に身体がリセットされ健康体になるのです。

 

ファスティングダイエットの本番は復食期間にあると言っても過言ではありません。ファスティングダイエットを無駄にしたくなければ、復食期間の食事に細心の注意を払いましょう。

 

ファスティングダイエット成功の秘訣その3

 

・期間中に摂ってはいけないものを知る

 

ファスティングダイエットの準備期間・断食期間・復食期間を通して、喫煙・飲酒・清涼飲料水・スナック菓子・ガムやアメは控えましょう。清涼飲料水やスナック菓子・ガムやアメには人工甘味料が含まれています。

 

ファスティングダイエットでは人工甘味料のような食品添加物もデトックス対象なので、デトックスしている中に摂取してしまっては意味がありません。

 

ファスティングダイエット成功の秘訣その4

 

・低負荷の有酸素運動を行う

 

ファスティングダイエット中はエネルギーが不足している状態なので、筋トレや激しい運動は控えましょう。

 

一方で散歩や体操などの軽い有酸素運動は取り入れましょう。ファスティング(断食)中は代謝酵素のはたらきが活発になっているので、有酸素運動を取り入れるとより一層、脂肪燃焼効果が高まります。散歩の他にもジョギング、サイクリング、ヨガでもOKです。

 

ファスティングダイエット成功の秘訣その5

 

・低温サウナや半身浴で皮脂腺を開く

 

デトックス効果を高めたいなら、低温サウナや半身浴をして皮脂腺から汗をかくのがオススメです。

 

ファスティング(断食)によって身体にたまった重金属をデトックスできるのですが、皮脂腺からの汗に乗っていかないと身体の外には排出されません。

 

また、ファスティング時は身体が冷えるので、低温サウナや半身浴で身体を温めましょう。ただし、入浴の直前直後に水分はたっぷりとることが望ましいでしょう。

 

ファスティングダイエット成功の秘訣その6

 

・食欲と誘惑をブロック

 

断食期間や復食期間は往々にしてつらいものです。

 

このつらさを軽減させるポイントは「食欲を忘れること」と「誘惑の排除」です。

 

できるだけ食事のことを頭から除外し、何かに集中したり、熱中したりすることで、この誘惑から離れられるでしょう。

 

例えば、読書や映画鑑賞、仕事やゲームなど、そこに意識を向ける事で、食事のことを忘れることができるかもしれません。

 

もう1つは、食べ物の誘惑をできるだけ生活の中から排除することです。食べ物に誘惑されないために、コンビニやスーパーに近寄らないことが一番です。

 

オススメはファスティングダイエットを始める前に、復食期間が終わるまでの必要な買い物を済ませてしまうことです。

 

これでファスティングダイエット中はコンビニやスーパーに入る必要がなく、食べ物の誘惑に負けることはありません。

 

また、準備期間ですらツラいという場合、準備期が始まる前に復食期間が終わるまでのすべての食事や運動・仕事や遊びの予定を書ききってしまいましょう。ファスティング(断食)ダイエットが始まったら、ひたすら予定通りに行動する(考えないようにする)だけです。

 

こうすることで、なるべく食事のことを考えないようにすると、食欲や誘惑が抑えられるのでオススメです。

 

ファスティングダイエット成功の秘訣その7:規則正しい生活習慣

 

ファスティング(断食)中に徹夜や夜更かし、昼夜逆転など乱れた生活習慣は避けてください。

 

代謝酵素のはたらきや代謝酵素の生産は、「夜」がもっとも活発な時間帯です。

 

睡眠不足にならないように、夜にしっかりと睡眠とることで代謝酵素のはたらきを活発にしてあげられるでしょう。

 

残業の多い人や夜更かししてしまう人は、ファスティングダイエットの効果を少しでも上げるためにも、がんばってなるべく早く寝ることを心がけましょう。

 

ファスティングダイエット成功の秘訣その8

 

・どうしてもつらいときは昆布茶や梅湯を飲む

 

好転反応がどうしてもつらいときは昆布茶や梅湯・野菜ジュースを飲んだり、塩を舐めましょう。

 

頭痛や倦怠感がヒドくて動くのが嫌になる人も中にはいるそうです。

 

そうしたときは昆布茶や梅湯・野菜ジュースを飲んだり、塩を舐めることで好転反応を軽減することができます。

 

ファスティングダイエット成功の秘訣その9

 

・女性のファスティング

 

ファスティングダイエットについて女性が気になるのは始めるタイミングだと思います。

 

ファスティングダイエットを行うタイミングですが、月経開始から1週間後に始まる卵胞期と呼ばれる期間が、断食期間と被るようにするとファスティングの効果を得やすいとされています。

 

月経開始日をあらかじめ予測し、断食期間を準備すると、身体にも無理なく始められますね。