ぜったい成功させたい!断食する日数の決め方とは?

 

では、いったい成功するための断食日数の決め方はどのようにしたらよいのでしょうか?

 

ファスティング初心者でどんなものか試したいという場合と、集中してダイエットすることを目指す場合とでは、実践方法も様々です。

 

下記を参考にしながら、無理ない日数から始めていきましょう。

 

1.デトックス効果を期待しているやファスティング初心者は断食日数1-2日

 

2.デトックスと脂肪燃焼したいけどファスティングは不安という人は断食日数3-4日

 

3.とにかく脂肪を燃焼させたいという人は断食日数5-6日

 

※ただし、断食日数が4日以上になる場合は必ずトレーナーなど健康管理をしてくれる人と一緒にやりましょう。

 

断食日数の決め方について

 

断食日数の決め方については、だいたいの目安ができたと思います。

 

それでは、具体的にどのように進めていくのか、解説をいたしますね。

 

断食日数が1日のとき

 

断食日数1日では脂肪燃焼効果はほぼ無く、デトックス効果に限られます。

 

酵素ドリンクを試してみたり、消化器官を休またり、日常に取り入れやすい分、気軽に挑戦できそうですよね。

 

なかなか集中して長期間の準備が難しいという方も、まず1日から取り入れてみるのも良さそうです。

 

ファスティングダイエットの計画としては、断食期間を土曜日に、復食期間を日曜日に持ってくるのが負担なくできるでしょう。

 

ただし、準備期間が平日になってしまうので、高たんぱく高脂質・塩分の多い料理はできるだけ避けていくことが望ましいでしょう。

 

断食日数が3日のとき

 

断食日数3日は様々なメディアなどで紹介されていますよね。

 

この期間、取り組む事で、デトックス効果と脂肪燃焼効果が期待できます。

 

断食期間は金曜〜日曜などお休みを挟んで使うか、断食期間2日が休日と重なるようにすると、生活に支障はでにくいのでオススメでしょう。

 

この場合、平日の3日間を復食期間に使ってしまうので、食事会や飲み会など、食事量が多くなるイベントは控えたいものですね。

 

断食日数が6日のとき

 

断食日数6日は本格的な脂肪燃焼効果を望む人にオススメですが、自己流でやることは控え、健康管理者を身近に置いて指示の元始めてください。

 

また、これまで、ファスティング(断食)の経験がない人はチャレンジしないでください。

 

ファスティング(断食)の経験があり、準備期間と復食期間をちゃんと実行でき、好転反応対策も自分でできる、自分にあった酵素ドリンクを見つけている人から始めていきましょう。

 

食事を抜くわけですから、慎重に行わなければならないですし、体調に変調をきたした場合の対処方法も知っておく必要があります。

 

断食期間の2日目はツラくなりがちです。あまりにもキツイと思われる場合は、中止することも念頭におきましょう。

 

好転反応について

 

ファスティングダイエットを開始すると、断食期間2日目あたりで好転反応が現れることがあります。

 

好転反応とは、ファスティングによって起こる身体の様々な反応の1つで、身体から老廃物などが排出される証拠とも言われています。

 

頭痛、めまい、下痢、肌荒れ、冷えなどを感じるでしょう。通常は一時的なものなので、我慢するかつらくないように過ごしてください。

 

あまりにもつらい場合はファスティングを中断しましょう。

 

ファスティング(断食)ダイエットの効果が出なかった人がよくやる失敗ベスト3

 

ファスティングをやっても、効果が出なかった!と言う方は、何かそれなりの理由があるようです。

 

思ったより体重が落ちなかったとか、カラダがスッキリしないという方は、ちょっとこちらも見てみてくださいね。

 

1. 断食期間が終わったらすぐ通常食に戻す

 

つらい断食期間が終わった翌日から、すぐ通常食を食べてしまう人がいますが、これはリバウンドすることもあるので、注意しましょう。

 

断食期間によって胃腸の中は空っぽで、身体全体がエネルギー不足になっています。

 

なので断食期間が終わったときは「次に入ってきた食べ物はすぐたくさん吸収しよう!」と身体が準備していると思ってください。

 

そこにお粥や野菜・果物ではなく、高タンパク質・高脂質な食べ物を入れたら、身体はそれを貯めこんでしまいます。最悪、ファスティングする前よりも太ってしまうかもしれません。

 

2. 断食期間前日までの食生活が悪すぎる

 

断食期間は(なるべく早く)胃腸の中を空っぽにすることが大切なのですが、準備期間の食事をおろそかにすると空っぽにはできません。

 

断食期間の直前に肉や魚・乳製品など消化に悪いものを食べてしまったら、断食期間の長さによっては胃腸の中が空っぽにならず、デトックス効果すら得られないかもしれません。

 

復食期間と同じくらい準備期間も大切にしましょう。

 

3. 飲んでいる酵素ドリンクが悪い

 

初めての断食ダイエットのときに失敗しやすいことです。飲んでいる酵素ドリンクの成分がファスティングにあわない場合と、酵素ドリンク自体は良いが身体や味覚にあっていない場合の2種類があります。

 

酵素ドリンクの成分がファスティングにあわない。これは主に「添加物を多く使っている」ことです。

 

安い酵素ドリンクや、味が人気(甘い)酵素ドリンクは、精製された白砂糖をベースに作っていることが多いので、ミネラルが豊富な黒砂糖や乳酸菌・ココナッツオイルを使用して発酵した酵素ドリンクがオススメです。

 

また、酵素ドリンクの成分表を確認した時に、最初に白砂糖や食品添加物が最初に書いてあったら注意しましょう。これは法律で決まっているのですが、成分表はその商品の中に入っている原材量が多い順にならんでいるからです。

 

身体や味覚の検証は、ファスティングを始める前にひと口だけ酵素ドリンクを飲んでみることをオススメします。