一歩差をつける「酵素ドリンクダイエット」のメカニズム

 

最近、「酵素を飲むと痩せられる」「無理なくダイエットができる」というイメージで、人気が出てきている酵素ドリンク。

 

ですが、それとは別に「加熱処理をしているものは効果があまりない?」「どのくらいダイエットに効果が出るの?」と、疑問視する声もみられているようです。

 

たくさんの情報がある中、いったいどの情報が正しいのかわからなくなりますよね。

 

この、酵素ドリンクは、食品衛生法でいうところの「清涼飲料水」に分類されます。

 

ですので、加熱して殺菌してある状態のものが販売されているのです。

 

本来、酵素というものは温度や湿度、pH値などの影響を受けやすく、とてもデリケート。

 

そのため、過熱処理すると効果がなくなるとされています。

 

しかし、実際のところは、48度以上になると死活してしまうものもあれば、100度で熱処理しても問題ないものもあります。

 

例えば、調味料のお醤油やお味噌などにも、酵素が含まれています。

 

つまり、ひとくちに酵素といっても種類とタイプは幅広いため、酵素ドリンクといえど、中身を吟味し、選んでいくことが重要となります。

 

本来は、野菜や果物、発酵食品などに豊富に含まれる食物酵素を、食事で毎日コンスタントに補うのがベスト。

 

しかし、毎日となると意外と難しいという方も多く、また食事以外でも手軽に補えるようにと開発されたのが、酵素ドリンクです。

 

ダイエット効果を得たいならば、熱に強く、かつ胃や腸などで消化を助ける酵素が配合された商品を選ぶとより効果的でしょう。

 

ダイエット効果に効き目のある酵素ドリンク

 

しかし、「酵素ドリンクを飲むだけで痩せる」わけではないということを誤解しないようにする必要があります。

 

そのような情報を信じて酵素ドリンクだけ摂っても、正しいやり方や方法を併用しながらでないと、実感することは難しいかもしれません。

 

酵素ドリンクがダイエットのサポートをするのは、「消化酵素を節約し、代謝酵素の働きを高めていく」こと。

 

体質を変えて、痩せやすいカラダづくりを目指すというものです。

 

では、「消化酵素を節約し、代謝酵素の働きを高めていくこと」が、どのように痩せやすい体質をつくるのでしょうか?

 

そのもっとも大きな理由は、体内で働く酵素の役割にあります。

 

体内で働く潜在酵素は、消化をサポートしてくれる「消化酵素」、代謝をサポートしてくれる「代謝酵素」があります。

 

このうち、ダイエットに関係するものは、「代謝酵素」のほうなのですね。

 

潜在酵素は、体内で必要に応じて消化酵素と代謝酵素に分かれるのですが、優先されるのは消化酵素です。

 

そのため、潜在酵素の量が不足していたり、消化の負担が大きいと、代謝酵素が不足し、痩せにくくなってしまいます。

 

しかし、この酵素ドリンクには、消化の負担をより軽減させることができ、代謝酵素とのバランスを整える効果もあります。

 

代謝酵素の不足を補うことで代謝が高まっていき、その結果、痩せやすい体質になるというものです。

 

ですが、短期間で理想的な体型を作りたい場合には、運動やカロリーコントロールなどの地道な努力もあわせて行う必要があるのを忘れないようにして下さいね。

 

これは、酵素ドリンクを用いた断食(ファスティング)でも同じことが言えます。

 

「どうしても痩せたい」と思うあまり無理な断食をし、断食後のストレスからリバウンドを招いてしまうという失敗例も多くあるため、ファスティングは、正しい知識のもとで行うようにしましょう。