酵素ドリンクでファスティングダイエット

酵素ダイエットに!酵素ドリンクvs酵素サプリ

今、酵素ダイエットが芸能人やモデルの間で話題となっていますが、酵素を摂取する方法には2つのパターンがあります。1つは、生の濃縮酵素を取り入れることができる酵素ドリンク、もう1つは、気軽に飲める酵素サプリです。酵素ダイエットをするなら、どちらのほうが効率がいいのか、酵素の特徴とともにわかりやすくご紹介します。

 

酵素は熱に弱い!

そもそも、酵素というのは、私達の体にとって必要不可欠なものです。私達の体にある酵素は、消化をサポートしたり、体を動かすエネルギーを作る役割を果たしています。脂っぽい食事をとるようになった現代では、昔よりも消化に酵素が必要となり、たくさんの酵素を消費しています。ですから、現代人は酵素をしっかりと食べ物から摂取しなくてはいけません。ですが、酵素をとるには、生の野菜やフルーツからとらなくてはいけません。というのも、酵素は熱に弱いのです。私達の体の体温は36度?40度の範囲の熱を維持しています。100度になることはありません。そのため、加熱処理されてしまうと、タンパク質で構成されている酵素は変形し、活性を失ってしまいます。つまり、加熱した処理をした酵素を体に摂取しても意味がないということです。

 

酵素ドリンクと酵素サプリはどちらがいい?

先ほど説明したように、酵素は熱に、非常に弱いです。その観点からいくと、酵素ドリンクの方が酵素を効率的に体内に取り込むことができます。自然の恵みをまるごと発酵させた酵素をしっかりと、酵素ドリンクでは、摂取できます。生の酵素を体内に取り込むことができます。加熱されていないため、酵素は本来の働きをもったまま体の中に取り込むことができます。
一方、酵素サプリメントはどうでしょうか。酵素サプリメントというのは、酵素を一度乾燥させています。すべての酵素サプリメントがそうというわけではありませんが、加熱処理されているものもあります。つまり、酵素サプリメントのほうが酵素ドリンクと比べると加工の過程が多いため、酵素の活性、力が半減してしまっています。
そういった観点では酵素ドリンクの方が効率的に酵素を体の中に取り込めます。効率的に酵素を体に取り込めるというのとは、酵素サプリメントと比べると、ダイエット効果などがすぐに出やすくなります。効果がでるまでの期間が短いので、ダイエットしたい方には酵素ドリンクがおすすめです。

 

酵素ドリンクと酵素サプリメントのデメリットは?

酵素サプリメントは、先ほど説明したように、加工処理が加わっているため、酵素の力が酵素ドリンクと比べると弱まっているため、ダイエットの効果が出るまでに時間がかかってしまいます。
一方、酵素ドリンクは瓶などに入っているため、仕事中などの、お昼に摂取するのは難しいです。酵素サプリメントのほうが気軽に飲むには適しています。また酵素ドリンクは味がついていますので、味があわないと継続して飲むのが難しいでしょう。酵素サプリメントでは味を気にすることはありません。
このように、酵素ドリンクと酵素サプリメントにはそれぞれメリットデメリットがあります。効果をすぐに出したいなら、酵素ドリンクの方が効率がいいでしょう。味については、最近では、飲みやすい酵素ドリンクも販売されています。また薄めることで、ダンブラーなどにいれて持ち運びもできますので、そういった工夫をすれば酵素ドリンクはあまりデメリットもないかもしれません。ぜひ効率的に酵素を体の中に取り入れて、しっかりとダイエットしていきましょう。