酵素ドリンクでファスティングダイエット

酵素ドリンク「野草酵素」

野草酵素は、野草の宝庫といわれる新潟県の妙高山麓で採れる天然の野草をはじめ、野菜、くだものなど66種類の新鮮な原料をふんだんに使い、52種類の有用菌を加えて、1年2ヵ月かけてゆっくりと発酵・熟成させて作られます。

 

野菜酵素の原料はすべて手作業で仕込まれます。そして、毎日欠かさずしっかりとかき混ぜています。

 

このまぜる作業を毎日毎日繰り返すことで有用菌の発酵を促しています。野菜酵素には大自然の恵みが凝縮されており、私達の健康を支えてくれます。

 

そもそも、発酵とは、食材に元々含まれる成分を分解・合成し、新たな成分に変化させることをいいます。

 

この発酵により、私達は健康をサポートすることができます。発酵によって、原材料は、本来の材料よりも、香りや味が豊かになります。

 

さらに、原材料よりも栄養価も高くなり、保存性も向上します。

 

朝食にも、発酵食品である味噌汁に納豆、漬物や鰹節など普段何気なく口にしています。

 

野草酵素もそんな日本の発酵技術を駆使してつくられています。

 

野草のふるさと、新潟県の妙高山麓などで採れた66種類の野草・野菜・果物に、乳酸菌・酵母菌など52種類の有用菌を加えてゆっくりと1年2ヵ月かけて発酵・熟成させます。

 

野草酵素は発酵食品のため、原料の仕込みから商品として出荷されるまで、1年2ヵ月もの期間を要します。

 

大量生産にはとても真似のできない、すべて人の手によって作られているこだわりの発酵食品なのです。

 

その作り方は、まず、妙高山麓で採取した自然の有用菌を培養します。

 

そして、人の手によって野菜類をスライスし、有用菌を加え樽に寝かせます。

 

そして樽の中で丁寧にまぜ、発酵させます。

 

ろ過してエキスをとりだし、更に寝かせます。

 

材料が盛んに発酵して泡だちます。この発酵させたものに、 野草の煮出しエキスを加えて、さらに6ヵ月発酵させます。

 

この間、毎日、樽を攪拌して菌を刺激します。

 

この発酵の過程で人の体をつくるのに必要なアミノ酸が生成されます。

 

最後にはろ過してタンクに寝かせ、さらに6ヵ月熟成させます。

 

しっかりと アルコール除去後、ビン詰めし、やっと、 野草酵素が完成します。

 

手間ひまかけて発酵、熟成させた本物の酵素だけをお届けします。

 

最近、疲れやすい、食欲がない、あまり食べていないのに太りやすくなったという人は酵素不足が考えられます。

 

ぜひ健康をサポートしてくれる野菜酵素を積極的に取りましょう。
野草酵素
公式サイトはこちら